メイン

争点・注目ポイント アーカイブ

2009年8月29日

注目選挙区レポート!【福岡8区】麻生太郎×山本剛正


election2009_aso_yamamoto.jpg

 自民党の地盤が全国各地で音を立てて崩れている。

 小選挙区比例代表並立制が導入された1996年からの衆院選で自民党が4回すべて勝利をおさめた選挙区のうち、今回も有利な展開を続けている地区は半数にも満たない。解散当初から民主党の圧勝予想が伝えられる中で、「異例」の地元選挙区入りをする閣僚経験者が後を絶たなかった。その逆風の厳しさを自らの行動で示したのが内閣総理大臣で自民党代表の麻生太郎(あそう・たろう)氏であった。

 8月6日、飯塚市で麻生太郎氏は街頭演説に臨んだ。現職の総理大臣が自らの選挙区に入ることは珍しく、2000年、当時の首相森喜朗氏以来9年ぶりのことである。そしてそのおよそ半月後の公示日、妻の千賀子夫人だけでなく長男、長女までもが選挙応援に加わった。

→ つづきを読む&この記事に対するコメントはコチラからお願いします。

2009年8月26日

注目選挙区レポート!【愛媛1区】塩崎恭久×永江孝子


election2009_shiozaki.jpg

 小選挙区制導入以降自民党が全勝を続ける愛媛県、注目される1区では自民党前職の元官房長官塩崎恭久(しおざき・やすひさ)氏に南海放送アナウンサー出身の民主党永江孝子(ながえ・たかこ)氏が挑む。

 塩崎氏は前回選挙では相手候補に大差をつけて当選した。しかし今回の総選挙ではその余裕はみられない。支持団体である愛媛県建設業協会の地方支部が推薦を見送り、強固な組織票にも乱れがみられる。

■県建設業協会 2支部 自民推薦せず 慣例覆す 松山・宇和島地方(愛媛新聞)

→ つづきを読む&この記事に対するコメントはコチラからお願いします。

2009年8月24日

注目選挙区レポート!【兵庫8区】冬柴鉄三×田中康夫


election2009_yasuo.jpg

 総選挙の前哨戦として注目された東京都議選で公認候補者23人全員が当選した公明党。当然のことながら今回の衆院選でも小選挙区で擁立する8人すべての当選を目標とするが、各地区で苦戦を強いられている。

 太田代表が出馬する東京12区に並んで激戦が予想されるのが兵庫8区だ。8選を目指す公明党冬柴鉄三(ふゆしば・てつぞう)元国交相に挑むのは民主党・国民新党の推薦をうけて立候補した新党日本田中康夫(たなか・やすお)代表だ。

→ つづきを読む&この記事に対するコメントはコチラからお願いします。

2009年8月23日

注目選挙区レポート!【静岡7区】片山さつき×城内実×斉木武志


election2009_satsuki.jpg

 4年前の「郵政選挙」で注目を浴びた静岡7区で再び激戦が展開されている。自民・民主の二大政党に無所属が加わり、三つ巴の戦いが展開されている。

 2005年の総選挙、財務官僚であった自民党片山さつき(かたやま・さつき)氏は「郵政造反組」の「刺客」として同区へ送り込まれ、見事に当選を勝ち取った。しかし今回の選挙では劣勢が予想され、先月浜松市内で行われた事務所開きでは支援者を前に土下座まで見せた。

→ つづきを読む&この記事に対するコメントはコチラからお願いします。

2009年8月22日

注目選挙区レポート!【長崎2区】久間章生×福田衣里子


election2009_kyuma_hukuda.jpg

 初代防衛大臣に就任しながらも「原爆投下はしょうがない」発言でその席をはずさざるをえなくなった自民党久間章生(きゅうま・ふみお)氏が、次は9期連続当選の「指定席」を奪われつつある。その相手となるのが薬害肝炎訴訟九州原告団の元原告団代表で民主党から出馬した福田衣里子(ふくだ・えりこ)氏だ。

→ つづきを読む&この記事に対するコメントはコチラからお願いします。

注目選挙区レポート!【北海道11区】中川昭一×石川知裕


election2009_nakagawa_ishikawa.jpg

 自民党中川昭一(なかがわ・しょういち)前財務・金融担当相が父から受け継ぐ強固な地盤を、民主の石川知裕(いしかわ・ともひろ)前衆院議員が切り崩しにかかる。
 
 中川氏が8連勝する北海道11区は別名「中川王国」と呼ばれるが、2009年2月ローマでの「もうろう会見」以降は逆風が吹く。

→ つづきを読む&この記事に対するコメントはコチラからお願いします。

2009年8月12日

注目選挙区レポート!【東京12区】太田昭宏×青木愛


election2009_ota_aoki.jpg

 自民党大物議員が軒並み落選危機に陥っていることが各メディアでさかんに報じられるなか、東京12区の太田昭宏(おおた・あきひろ)公明党代表も剣が峰に立たされている。

 それもそのはずである。太田氏に対抗するのは、小沢一郎代表代行の秘蔵っ子で、07年の参議院選比例区で驚愕の29万票(全国3位、石井一副代表より得票が多かった!)を得て当選した青木愛(あおき・あい)参院議員だからだ。青木陣営には選挙のプロである小沢軍団が動員されていて、知名度を飛躍的に向上させるための「ポスター爆弾」なるポスター大量貼り付け作戦をすでに実行している。気が付けば東京12区には青木氏の顔があふれている。

→ つづきを読む&この記事に対するコメントはコチラからお願いします。

2009年8月10日

注目選挙区レポート!【石川2区】森喜朗×田中美絵子


election2009_mori.jpg

 連続14回目の当選を目指す自民党森喜朗(もり・よしろう)元首相。その強固な地盤から「森王国」とも称される石川2区、森氏は地元選挙区にはあまり顔を見せないと言われるが、最近では県内での活動も目立ち、先週末も地元民の前に積極的に顔を出している。

■8月7日(金)金沢市、県政懇談会にて民主党を批判(毎日.jp)
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20090808ddlk17010576000c.html
■8月8日(土)小松市、民主党マニフェストは「毛針」(スポーツニッポン)
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2009/08/09/05.html

→ つづきを読む&この記事に対するコメントはコチラからお願いします。

2009年8月 8日

麻生総理、応援演説で上機嫌

 本日、JR中野駅北口前で行われた、松本文明(まつもと・ふみあき)候補[東京7区、同選挙区民主党候補は長妻昭氏]の応援演説に登場した麻生総理。渋滞に巻き込まれたらしく、かなり遅れての登場でしたが・・・

→ つづきを読む&この記事に対するコメントはコチラからお願いします。

Profile



前回の「2007年参院選特番」に引き続き、今回もやります!題して、「総選挙2009 歴史は動くのか!?」。
投開票日までの約1ヶ月間、「選挙トリビア」「争点・注目ポイント」「特番コラム・取材」にカテゴリ分けをし、総力リポートします。
8月30日(日)投開票当日は、特設スタジオから、ゲストをお招きしての「生番組(映像生中継)」をやりますので、是非、ご視聴&ご参加ください。

BookMarks


自由民主党(代表:麻生太郎)
衆:304名 参:82名
昭和30年(1955年)自由党と日本民主党が合同して結成した保守政党。2008年より福田康夫から麻生太郎が党首を継ぐ。略称は自民党。
http://www.jimin.jp/


民主党(代表:鳩山由紀夫)
衆:112名 参:109名
1996年結成、1998年野党政党が合流し現在の体制に。2007年より参議院の第一党へ。
http://www.dpj.or.jp/


公明党(代表:太田昭宏)
衆:31名 参:21名
昭和39年(1964年)結成。解散、分党を経て1998年現体制に。創価学会を母体とする。
http://www.komei.or.jp/


日本共産党(代表:志位和夫)
衆:9名 参:7名
大正11年(1922年)結成。政党交付金を受けていない唯一の政党。略称は共産党。
http://www.jcp.or.jp/


社会民主党(代表:福島瑞穂)
衆:7名 参:5名
平成8年(1996年)日本社会党が改称して発足。2003年に土井たか子から引き継ぎ福島瑞穂が党首となる。略称は社民党。
http://www5.sdp.or.jp/


国民新党(代表:綿貫民輔)
衆:5名 参:5名
平成17年(2005年)郵政民営化関連法案に反対した議員を中心に結成。
http://www.kokumin.or.jp/


新党日本(代表:田中康夫)
衆:0名 参:1名
平成17年(2005年)当時長野県知事であった田中康夫を中心に、郵政民営化関連法案に反対、離党した議員と結成。
http://www.love-nippon.com/


新党大地(代表:鈴木宗男)
衆:1名 参:0名
元北海道開発庁長官の鈴木宗男が2005年8月8日の衆議院解散直後、8月18日に結成。党名は同郷の親友、松山千春との話し合いで決定。テーマ曲は『大空と大地の中で』。
http://www.muneo.gr.jp/

※データは2009年7月21日解散まで、表記は議席数順です。

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.