メイン

統一教会 アーカイブ

2007年2月27日

文鮮明教祖に献花する桜田淳子の今後

 オウム真理教(アーレフ)から上祐史浩代表グループが離れると報じられた。2月26日の朝日新聞朝刊が一面で書き、それを各紙やテレビが追った。正直なところ、それほど騒ぐべきニュースとは思えない。朝日の記事も表面をなぞっただけのもので、麻原彰晃との訣別の印象を与えることは内実からいえば「誤報」だ。「ウソをつくのがワーク」であることは上祐がいちばん身に付けていることである。麻原離れなどは形式にすぎない。事件の大きさが残党を過大に評価させている。

続きを読む "文鮮明教祖に献花する桜田淳子の今後" »

2006年11月26日

桜田淳子と統一教会

テレビ、週刊誌の取材が桜田さんに殺到した。そのとき「(霊感商法の)どこが悪いんですか」と答えたことが決定的だった。先祖の因縁話などを使った霊感商法は、国会でも「各種の悪質商法のなかでももっとも悪質」と警察庁幹部が答弁していた。何よりも被害者が怒った。桜田淳子さんはこの騒動を経て芸能界から消えてしまった。合同結婚式で結ばれたAさんは、ほとんど信仰歴がなく、福井県敦賀で工場を経営している優しい男性だ。それから14年。桜田さんはこのたび『アイスルジュンバン』(集英社)と題した単行本を出版した。

続きを読む "桜田淳子と統一教会" »

2006年11月 8日

統一教会NO2が逮捕されていた

 統一教会の「ナンバー2」と評価されたときもある朴普煕が詐欺容疑で逮捕されたのは2004年7月20日。「一和」工場の横にある空き地にマンションを建てる計画があり、そのための前金を受け取った。朴によれば資金集めのためだった。

続きを読む "統一教会NO2が逮捕されていた" »

2006年6月19日

安倍晋三氏は「神側の議員」になるのか

 安倍晋三官房長官の父である晋太郎氏は、「勝共推進議員」であった。これは共産主義に勝つことを推進するための集まりで、国会議員105人が賛同していた(「思想新聞」90年3月25日付)。統一教会の友好組織である国際勝共連合からすれば「神側の議員」ということになる。そこに名前を連ねれば選挙のときに信者たちが熱心に活動してくれたのだ。この年2月18日に行われた総選挙で自民党は予想外の健闘で275議席を獲得、追加公認をふくめて286議席となり単独過半数を確保している。ちなみに社会党は136議席。オウム真理教が真理党として25人を立候補させ、惨敗したのもこの選挙戦であった。投票日から1か月ほど経った3月13日、国会に近いキャピトル東京ホテルで「勝共推進議員の集い」が行われた。ここには中曽根康弘元首相、安倍晋太郎元幹事長などが出席している。統一教会が安倍晋太郎氏を総理にすることを政治目標にしていた時期のことだ。

続きを読む "安倍晋三氏は「神側の議員」になるのか" »

2006年6月17日

安倍晋三氏に接近する統一教会

 安倍晋三官房長官などが統一教会系の「天宙平和連合(UPF)祖国郷土還元日本大会」に祝電を送ったことが話題となっている。総裁選前に、これを政治問題化させようという動きもあるが、過大評価である。安倍氏からの祝電を報じたのは韓国の「世界日報」5月14日付。統一教会系の新聞である。大会は5月後半に国内12か所で開かれており、13日に福岡で行われた集会で安倍氏の祝電が披露された。この「天宙平和連合祖国郷土還元日本大会」は、統一教会の文鮮明教祖と妻の韓鶴子が共同総裁で、合同結婚式の儀式も行われている。霊感商法を行い、最高裁でも違法と認定された合同結婚式を催す統一教会は、反社会的集団だ。

続きを読む "安倍晋三氏に接近する統一教会" »

Profile

有田芳生(ありた・よしふ)

-----<経歴>-----

1952年京都生まれ。
フリーランスのジャーナリスト。

BookMarks

オフィシャル・ウェブサイト
「有田芳生の今夜もほろ酔い」



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.