Calendar

2010年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Comments

日本林業について
《THE JOURNAL》編集部 06/23
KK 06/25
MSK 06/26
ジェーソン君 06/27
太郎 06/30
太郎 07/01
匿名 08/22

« mont-bell広報誌「OUTWARD」連載 48号
メイン
作業道 »

日本林業について

「ヨーロッパ林業視察」を「パートⅠ」だけで中断してしまいました。意見を寄せていただいた方と、今の「森林・林業再生プラン」の間に、あまりにも差があることに愕然としたからでした。

私には脳内に「脳動静脈奇形」という難病があり、いつも「残された時間を大切にしよう」という想いで生きています。またそのため、「失語症」に陥る可能性が高く、自分がコンピューターに頼っておかないためと、いつ死んでも幾人かの友人たちに私の仕事を受け継いでもらえるように、このブログを清文することや、政治家たちに文章を送ったりする時には、友人たちにコンピューター仕事を依頼しています。

そんな私からすれば、私のこのブログを読んで森を心配する方々が、「森林・林業再生プランとは、どういうものでしょう」とおっしゃるのは腑に落ちないのです。林野庁のHPを見れば、昨年の12月30日から載っているはずだから。

私が4度目のドイツ訪問に5月に出掛けたのは、私が事務局を務める「日本に健全な森をつくり直す委員会」(委員長養老孟司、副委員長C.W.ニコル)が昨年9月18日に菅直人副総理(当時)にお渡しした提言書「石油に頼らず、森林(もり)に生かされる日本になるために」がきっかけとなって12月30日にできた「森林・林業再生プラン」(そのいきさつは「石油に頼らない」(北海道新聞社より4月に出版している)に書いています)が、ドイツなどからフォレスターを呼んで、全国5ケ所で今年からやっている仕事が、少し心配なためでした。

そんなことを連載しようと考えて始めた「ヨーロッパ林業視察」報告だったのですが、ブログを読んでくださっている皆さんに理解してもらうには相当書かなければ無理とわかり、断念したというわけです。

皆さんがもっと情報を仕入れてくださる必要があります。たとえば「森林・林業再生プラン」をつくったのは、梶山恵司という人物で、この人は富士通総合研究所の主任研究員でしたが、9月18日に私が菅直人さんに推薦したことによって、11月2日に内閣審議官になられています。この人の最近のブログ連載は、日経BPオンラインでごらんになれます。

ブログの熱心な読者で「農家」だとおっしゃる本田勉さんは、「森林所有者とりまとめ」や「作業道づくり」は、農家の「集落営農」や「土地区画整備事業」と同じで、「危うくないか?」と心配されます。

そこは違うことを理解する必要があるのです。
日本の「山」から長い間収入が上がらなかったのは、「外材が入ったから」ではありません。「戦後植えた木が育っていなかったから」というのが、大きな理由です。

まだ45年生~35年生くらいですから、高い値がつく木ではないのです。
しかし、それでもここ数十年、「山」で間伐が進まなかったのは事実です。それは「間伐」をする金が、小さな山の持ち主には出せなかったからです。

「森林組合」が、林野庁や県が出す「林道づくり」や「治山砂防ダムづくり」という"公共事業"に血道を上げず、小さな森林所有をまとめて、その森をしっかり間伐してあげる仕事をこれまでやっていれば、今の日本列島の、「どこもかしこも間伐がされていず」ガリー(雨の度に水が走って削られた山肌)状になってしまっているという状況にはなっていなかったのです。

建設省や運輸省の「ダム」や「空港」と同じように、林野庁は「大規模林道」「治山砂防ダム」という"公共事業"をばらまき、県や政治家はそれに依存して政治をすすめてきたという状況が、どこの山里にもあったというわけです。

そんな仕組みが国民にはもう見えていて、「政権交代」が起こったのではないでしょうか。

しかし「林業」は、そんな政治の仕組みが一番小さいので、「改革」が一番最後になったのだと私は見ています。

そして「川」の「ダム」を問うていた私が、「山」の「林業」を問うことにしたのは、「林業」を支援する「物書き」が少なく、「私も参戦しなければ間に合わない」と思ったからでした。

京都府南丹市日吉町森林組合参事の湯浅勲さんの各著書。梶山さんのブログ。私たち「日本に健全な森をつくり直す委員会」の「石油に頼らない」の一冊。林野庁のHPなどを一度よく読んでみられませんか。

この3、4年、湯浅さんや梶山さんや私、そして菅さんの民主党の森林政策も、"林業再生"のためにみんなで努力していることが理解していただけると思います。

皆さんの知識と今の現状が同じレベルになった時、私の「ヨーロッパ林業視察」は、また始められるかもしれません。

なお、「川下(かわしも)」対策も、私はしっかり進めているつもりです。国土交通省住宅局の中に「"木の家づくり"から林業再生を考える委員会」も、養老孟司氏を座長につくりました。
林野庁の「森林・林業再生プラン」のための五つの委員会も、この住宅局内の委員会も、両役所のHPをご覧になれば全内容がのぞけます。

「怒ったり、文句を言っているだけでは、森も世の中も変えることはできない」私はそう考えて、政府の委員会の中で、一番やかましく、正しいと思うことは絶対に譲らないで務めています。

一度傍聴にこられませんか、本田勉さん。KKIさん。梅光さん。ジェイソン君。太郎さん。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7070

コメント (7)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

意見を寄せていただいた方と、今の「森林・林業再生プラン」の間に、あまりにも差があることに愕然としたからでした

このコメントを読んだ方が、愕然と致しました。

天野様は山林をお持ちでしょうか。山林の手入れにどの位お金が掛るか分かりますか?しかも、現在は一円にも成らない。

「森林・林業再生プラン」を読んでみましたが、どれもこれも「検討中」。実際この中のプランがどれ程実際に行われるのか、全く先が見えません。
外国の森を見て回るより、日本の山林を見て回り実情をきちんと知って頂きたい。

木を売りたいと森林組合に尋ねれば、手間賃を引くと1本幾ら幾ら、それが馬鹿馬鹿しい程の値段。今まで掛けて来たお金はどぶに捨てる様なもの。こんな状態で木を全部切り、その後又苗を植える、という全く趣味の世界に誰がお金を出しますか?

余りにお金が掛るので、親戚に「差し上げる」と言ったのですが断られてしまいました。これが現実です。

「ヨーロッパ林業視察」より、「国内林業視察」をもっと行い、どれだけ酷い実情か把握して下さい。お願い致します。


kkさんの問いかけにきちんと答える責任があると思います。

前にも別なところで書き込みさせていただきましたが、自然とか経済とかそれだけの視点で自分が思うだけのことをこのような(The Journalという)パブリックなところで書くだけというのは、投げっぱなし・無責任と書かなければならなくなります。

これは報道の自由(権力の監視)ということと同じです。

こういうことにこたえてこそ、ジャーナリズムが成立すると思っていますし、The Journalがほんとうにすべきことはこのようなことだと思います。

是非逃げないで正面から向き合ってほしいと切に願います。

>「ヨーロッパ林業視察」を「パートⅠ」だけで中断してしまいました。意見を寄せていただいた方と、今の「森林・林業再生プラン」の間に、あまりにも差がある
ことに愕然としたからでした。
(中略)
皆さんの知識と今の現状が同じレベルになった時、私の「ヨーロッパ林業視察」は、また始められるかもしれません。<
天野さん、少しナーバスすぎじゃないですか?天野さんのブログに返信する方々は、自然 農業 林業に関心があり就業しているか、していた方だと思います。当然、色々な考えや意見があり、温度差があって当たり前で、その事と天野さんの仕事とは、切り離してかんがえるべきです。
肝心な事は、関心を持ち考え、自分の周りに話していくことや、出来る方は行動をする事ではないですか。だから、どうぞお体を大切にして、自分の仕事をして下さい。

 「森林・林業再生プラン」とは、
山の 一体に、 何を再生しようというものでしょうか?

 極端な たとえ話をさせてください。。
 限界集落と呼ばれる地域では 役所のある中心部で 今、人口が増加してます。
理由は 病院が近くにないため 高齢者は緊急時にどうにもなりません。
    小学校一年生の春は スクールバスで通学に1時間は掛かる 始り。
“住むことは 限界になります”。
高齢の方しか住まわれない地域は ここ10年程度で 誰一人棲まわれなくなってしまいます。
その地域では 何が出現するのでしょうか。。

ありとあらゆる場所 すべてが草木に覆いつくされてしまいます。
「小規模と・・・」一言で片付けられる山林所有者の“山”は どうでしょうか。
人工林はますます「手入れ」もされることなく 地すべりがおき・山自体が崩壊します。。。
そして この国の多くの地域では 20~30年の時間を経れば
それぞれの地域に 見合った自然植生な森林が 再生するでしょう。
太古の時代 ヨーロッパ・中国・インドは森林に覆われていたようです。
人間の営みが“大地を丸裸にしました”。
日本は 再生する国です。
極端な例えにはなりますが 自然という原点では それでも良いのではないでしょうか!!!!!

連続投稿になるようでしたら・・・
すみません


 日本の人口は 江戸末期には3,000万人ほど。
明治維新ころから、現在に至るまで 100年ほどで9,000万人は増加している。。
1年間に 90万人になります。
奈良時代には500万人程 江戸時代までの1,000年でも 2倍程にしか増えていない。。
江戸時代には 300年で2,000万人増加しました。
1年簡に 7万人です。
「地方」が歴史的に 最も繁栄した[地域分散型社会]でした。。。
1年間の平均人口増は 日本全体各地方で現出しました。
歴史的に ここ100年間の「都市集中型人口増」は 異常なものです。。
人口が増えれば 必要なもんは まず 衣食住。
住居に必要な木材は 先祖代々受け継がれてきた“人工林”では 賄いきれません。
高度成長期には この国の木材は 恐らく枯渇していたとも考えられます。
そして 木材の海外からの輸入が始った。。

 この国の 戦後成された“植林補助事業”によって 産出された“人工林”。
“KKさん”がコメントされるように 現在経営的に 顧みられることもありません。
“本田氏”の危惧も 素直に同意出来てしまうのです。。。
補助金があったから、 現在の採算ベースで試算しても・・・
これからも 決して陽の目を見ない“人工林”が哀しいかな 生まれた「現実」があります。
その辺りが 大きい不信感です。
先祖代々受け継いできた“「間伐」をする金が出せなかった”小さな山の持ち主“の人工林”
出て行く先での生活への不安から あってはならない場所に植林されてしまった“人工林”
きちんと孫&ひ孫へと受け継がしてゆくために“手入れ”し続けてきた最後の最後“人工林”・・・ 決して一時期にすべて伐られてしまうことなど、 歴史的に“ありえなかった”ものが・・・ 失くなってしまいました。。。
そんな“小さな山の持ち主“の人工林が 現在最も“限界集落”を苦しめます。。。

 森林再生・林業再生とは 誰のためになされるものですか???
日本の政府が行ってきた林業施策が“人為的に作ってしまった”ものが。
日本全国 どこにでも見受けられる“山”の風景です。
「山の頂上に植林され」、
「急峻な斜面に植林し」、
未来的にも採算の“見合わない人工林”があります。
かって里山&草刈り場だった場所に植林された“人工林”。

林業再生は 人間側だけの考えです。
山の再生を”小さな山の持ち主“は願っているんではないか。
言の葉があります。
個人の契約で
与った“自然”は
個人契約をした 個人が必要としなくなった時点で
元のままの状態にして お返しする。

はじめまして。高知県の(株)益製作所と申します。
弊社は移動式製材機【工場据付可能】及び変速機・減速機・増速機の製造を手掛けております。

弊社の製材機は高知県の林業家 山中宏男 氏【林野庁長官緑化功労賞を受賞】より技術指導を受け、長年の林業経験から試行錯誤して考案された高精度の製材機であり、安全性においても労働監督署より、「労働安全衛生法規格適合品」を受けております。
また、当製材機は高知県地場産業大賞地場産業賞および高知エコ産業大賞アイデア賞を受賞。

当製材機は丸鋸で1日の製材能力は10石(約3㎥)で製品歩留まりは約80%以上。
原木の直径が約40cm・長さ6m・重量350kgまで製材可能です。
1cm位の面木・三角挽など多機能性があり、1軒の建築に必要な建築木材全てを当製材機で調達可能。

現在、県内外の官公庁・森林組合・林家・NPO組織などから注文・問合せを頂いております。

ぜひ、弊社の製材機をご覧いただき、間伐材の有効利用など木材の普及に役立てて頂ければ幸いです。
なお、当製材機については弊社ホームページでご覧いただけますが、カタログおよび製材実演DVDも御座いますので、御請求頂ければ無料で送付させて頂きます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

天野礼子(あまの・れいこ)

-----<経歴>-----

アウトドアライター。
1953年、京都市生れ。
中、高、大学を同志社で過ごす。
19才より釣りを始め、文化人類学者の今西錦司博士の主宰された「ノータリンクラブ」に属して、国内外の川、湖、海辺を釣り歩く。
26才より小説家、開高健に師事。
1988年には師と共に長良川河口の堰建設反対に立ち上がり、「ダムは不用」の国民世論に育て上げる。
近年は「川を再生するには森を生きかえらせることが必要」と“森仕事”へ視野を広げて、日本の森から材が出る社会システムを作り直すことを各地で提案している。
京都大学が2003年に構築した「森里海連環学」の普及もお手伝いするため、高知新聞社と山陰中央新報社でカルチャー教室「自然に学ぶ“森里海連環学”」を続けている。
2001年より、高知県・仁淀川の源流にも家を借り、有機農業普及のための「高知439国道有機協議会」を07年に立ち上げて、事務局長を務めている。08年7月に養老孟司氏らと「日本に健全な森をつくり直す委員会」を設立した。

BookMarks

オフィシャル・ウェブサイト
http://www.uranus.dti.ne
.jp/~amago/


長良川河口堰建設をやめさせる市民会議
http://nagara.ktroad.ne.jp/

公共事業チェックを求めるNGOの会
http://kjc.ktroad.ne.jp/

日米ダム撤去委員会
http://damremoval.com/

市民版憲法調査会
http://www.kenpou.com/

-----<著書>-----


『“林業再生”最後の挑戦』
2006年11月、農山漁村文化協会


『だめダムが水害をつくる!?』
2005年10月、講談社+α新書


『「緑の時代」をつくる』
2005年5月、旬報社


『ダム撤去への道』
2004年5月、東京書籍


『日本の名河川を歩く』
2003年7月、講談社+α新書


『市民事業』
2003年4月、中公新書ラクレ


『ダムと日本』
2001年2月、岩波新書


当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.