Calendar

2009年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月21日

稲を植えない“田植え”

高知県の仲間と「高知439国道有機協議会」活動を始め、3年目。
今年からは本山町の吉野川源流の棚田で“無農薬有機米”をつくることにしました。

田岡きよしさんという、町役場を課長補佐で辞めて農業に専従を決めた40代をリーダーに、5月16日(土)、64歳から2歳までの、高知市と香川県丸亀市の20人が集まりました。

田に緑の苗を植えると思って集まった面々がビックリ。「紙マルチ」といって、2週間ほどで水に溶ける黒い紙に、5百円玉大の稲が何粒か入っている透明のところがつくってある1.6m幅のロール紙を、田んぼに敷きつめてゆくだけというのです。
「再生紙マルチ水稲直播栽培技術」という手法で、これを田岡さんは2月13日の全国農業新聞で見つけました。

私たちは今年から田んぼをやろうと今年決めたので、無農薬有機稲作に必要だった「秋処理」というのができませんでした。田岡さんはそのため、「この手法でやってみよう」と提案してくれたのです。

詳しい当日の模様は、この棚田の活動を紹介しているブログが、「高知439国道有機協議会」のHPにあるので見てください。

香川県丸亀市で学習塾を営む越智広二こと“天狗”が美しい写真と一緒に展開しています。

http://www.439yuki.com

2009年5月15日

日本に健全な森をつくり直す

 昨年7月に養老孟司氏らと結成した「日本に健全な森をつくり直す委員会」が各地で地元有志と行うシンポジウムの皮切りが、5月24日、鳥取県益田市での「清流高津川を育む“木の家づくり”協議会」との事業です。
多くの皆さんの参集をお待ちします。
http://www.pref.shimane.lg.jp/seibu_norin/news/21st_century_forest_times.html

ファイルをダウンロード

「21世紀を森林(もり)の時代に」
 ~“清流日本一”の高津川から、木の家づくりをすすめるために~

日時:平成21年5月24日(日)10:00~16:30

場所:島根県芸術文化センター「グラントワ」

内容:
(午前)10:00~11:30
開会挨拶 日本に健全な森をつくり直す委員会
来賓挨拶 内藤 邦男(林野庁長官)
基調講演 養老孟司(東京大学名誉教授)
事例紹介 井川成正(山口県下松市長)

(午後)12:30~16:30
基調報告 竹内典之(京都大学名誉教授)
ケーススタディⅠ 梶山恵司(富士通総研主任研究員)
ケーススタディⅡ 湯浅 勲(京都府日吉町森林組合参事)
ケーススタディⅢ 岡橋 清元(奈良県吉野「清光林業」17代当主)

パネルディスカッション
田村浩一(清流高津川を育む木の家づくり協議会会長、(株)リンケン代表)
前島和弘(島根県農林水産部林業課林政企画グループリーダー)
梶山恵司(富士通総研主任研究員)
湯浅 勲(京都府日吉町森林組合参事)
天野礼子(アウトドアライター)

来賓コメント 白山義久(京都大学フィールド科学教育研究センター長・教授)
閉会挨拶 下森博之(清流高津川を育む木の家づくり協議会副会長、高津川森林組合長)

参加料:無料

共催:清流高津川を育む“木の家づくり”協議会
   日本に健全な森をつくり直す委員会

Profile

天野礼子(あまの・れいこ)

-----<経歴>-----

アウトドアライター。
1953年、京都市生れ。
中、高、大学を同志社で過ごす。
19才より釣りを始め、文化人類学者の今西錦司博士の主宰された「ノータリンクラブ」に属して、国内外の川、湖、海辺を釣り歩く。
26才より小説家、開高健に師事。
1988年には師と共に長良川河口の堰建設反対に立ち上がり、「ダムは不用」の国民世論に育て上げる。
近年は「川を再生するには森を生きかえらせることが必要」と“森仕事”へ視野を広げて、日本の森から材が出る社会システムを作り直すことを各地で提案している。
京都大学が2003年に構築した「森里海連環学」の普及もお手伝いするため、高知新聞社と山陰中央新報社でカルチャー教室「自然に学ぶ“森里海連環学”」を続けている。
2001年より、高知県・仁淀川の源流にも家を借り、有機農業普及のための「高知439国道有機協議会」を07年に立ち上げて、事務局長を務めている。08年7月に養老孟司氏らと「日本に健全な森をつくり直す委員会」を設立した。

BookMarks

オフィシャル・ウェブサイト
http://www.uranus.dti.ne
.jp/~amago/


長良川河口堰建設をやめさせる市民会議
http://nagara.ktroad.ne.jp/

公共事業チェックを求めるNGOの会
http://kjc.ktroad.ne.jp/

日米ダム撤去委員会
http://damremoval.com/

市民版憲法調査会
http://www.kenpou.com/

-----<著書>-----


『“林業再生”最後の挑戦』
2006年11月、農山漁村文化協会


『だめダムが水害をつくる!?』
2005年10月、講談社+α新書


『「緑の時代」をつくる』
2005年5月、旬報社


『ダム撤去への道』
2004年5月、東京書籍


『日本の名河川を歩く』
2003年7月、講談社+α新書


『市民事業』
2003年4月、中公新書ラクレ


『ダムと日本』
2001年2月、岩波新書


当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.