Calendar

2008年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

Recent Trackbacks

« 2008年1月 | メイン | 2008年3月 »

2008年2月 8日

高知新聞にて、有機農業の連載始める

高知にも家を借りて、釣りや著作に通っているので、高知新聞で“有機農業”の連載を3週に1度、始めることになりました。

統一タイトルは「次代を拡(ひら)く―有機農業への挑戦」で、第1回の登場人物は高知の山下一穂さん。1月12日発売の週刊現代にも、菅原文太さんと共に登場させた“無農薬有機農法”の実践者です。

《以下 高知新聞2008年2月4日付・朝刊より》
http://www.kochinews.co.jp/

    次代を拡(ひら)く―有機農業への挑戦

【1】山下一穂さん(上) 畑に自然を再生する

 一九九九年に本紙での『川に訊(き)く』という連載で書いていたのは、高知の川と山里の折々であった。

 その後、あの連載がきっかけになって旧・池川町に家を借りるようになった私は、長岡郡本山町で無農薬有機農業を展開している山下一穂さんを知るに至った。

 その就農九年目の山下さんを含めて有機農業には、三十年以上も普及に尽力されてこられた全国のさまざまなジャンルの方々がいらっしゃる。

 今回の連載ではその皆さんを三週間に一度くらいの間隔でお訪ねし、読者に紹介してゆきたい。

 有機元年!

 今年を「有機元年」と呼ぼう。昨年十二月二十五日に決定した二〇〇八年度の概算要求。農林水産省では、有機農業に対する四億六千万円が財務省に認められ、「有機農業」に初めて国の予算がつけられることになった年だからだ。

 「有機農業」とはそもそも、一九七一年に「日本有機農業研究会」を農業者有志たちと立ちあげた研究者、一楽照雄さんが、アメリカの書物を邦訳する時に「オーガニック・ファーミング」をこう訳したことで生まれた言葉である(後日、詳細を書く)。

 農水省生産局農業振興課環境保全型農業対策室というところが、有機農業の担当部署である。山下一穂さんはそこを事務局に昨年十月二十五日に誕生した「全国有機農業推進委員会」の十六名の委員の一人となった。

 “新人類” 

 就農してたった九年目で、「驚くほどおいしい」と全国で評判になる味となった山下さんの無農薬有機野菜。それをつくる山下さんのことを、一緒に委員会に所属されている、古くから有機農業の普及に尽くされてきた皆さんは、“新人類”と呼んでいるそうだ。

 作る野菜のおいしさはその方々から見ても満点の腕が立ち、弁も立つ。コンピューターなど近代機器も駆使して“ブログ”(日記)も展開。おまけに性格が明るくて誰からも好かれるからなのだそうだ。

 これまで長年、有機農業を続けてこられた方々は、わが高知県でも“いごっそう”がほとんど。そりゃあ、当たり前だ。「有機なんかで作物はできるか。意地を張らずに農薬を使え」といわれる毎日を、歯を食いしばって耐え、自分自身や消費者の健康と安全のために、少しずつでも収量を上げつつ、おいしさも上がってゆくように努力してこられた不屈の人々だからだ。

 しかし、山下一穂さんの著書には、「超かんたん無農薬有機野菜」とあり、山下さんが口笛を吹きながら農業をしているようなマンガがある。本当に、そんなに「かんたん」なのか。

 だまされてはいけない。山下さんという男は、「“いごっそう”の中の“いごっそう”」ともいうべき男性で、人知れずやってきた努力をさらりと公開して、「ほら、僕のような男にでもできるのだから、あなたにもできるよ」と言ってのけてしまう“男の美学”をお持ちの方なのだから。

 丸ごと堆肥化 

 山下さんが笑う写真の畑は、山下さんと奥さまのみどりさんが、五月に緑肥であるソルゴーの種をまいて、背丈ほどにも成長した七月にそれをハンマーナイフモアで粉砕してからすき込んで、二カ月間も熟成させて「畑丸ごと堆肥(たいひ)化」という状態にしたもので、山下さんはこの畑を「短期集中的に 自然を再生した畑」という。

 戦後アメリカから肥料や農薬が入ってくるまでわが国では、里に近い山に広葉樹を植え、落葉を畑の肥料としていた。それが「寒肥え」となり、春にはまた連作障害もなく作物ができる循環を生んでくれていた。

 ソルゴーを使えばそんな自然循環を「超かんたん」に再生できることを考え出した山下さん。

 「恐るべし、山下一穂」という意味を込めて旧人類である有機農業の先人たちがつけた愛称が、“新人類”なのである。

Profile

天野礼子(あまの・れいこ)

-----<経歴>-----

アウトドアライター。
1953年、京都市生れ。
中、高、大学を同志社で過ごす。
19才より釣りを始め、文化人類学者の今西錦司博士の主宰された「ノータリンクラブ」に属して、国内外の川、湖、海辺を釣り歩く。
26才より小説家、開高健に師事。
1988年には師と共に長良川河口の堰建設反対に立ち上がり、「ダムは不用」の国民世論に育て上げる。
近年は「川を再生するには森を生きかえらせることが必要」と“森仕事”へ視野を広げて、日本の森から材が出る社会システムを作り直すことを各地で提案している。
京都大学が2003年に構築した「森里海連環学」の普及もお手伝いするため、高知新聞社と山陰中央新報社でカルチャー教室「自然に学ぶ“森里海連環学”」を続けている。
2001年より、高知県・仁淀川の源流にも家を借り、有機農業普及のための「高知439国道有機協議会」を07年に立ち上げて、事務局長を務めている。08年7月に養老孟司氏らと「日本に健全な森をつくり直す委員会」を設立した。

BookMarks

オフィシャル・ウェブサイト
http://www.uranus.dti.ne
.jp/~amago/


長良川河口堰建設をやめさせる市民会議
http://nagara.ktroad.ne.jp/

公共事業チェックを求めるNGOの会
http://kjc.ktroad.ne.jp/

日米ダム撤去委員会
http://damremoval.com/

市民版憲法調査会
http://www.kenpou.com/

-----<著書>-----


『“林業再生”最後の挑戦』
2006年11月、農山漁村文化協会


『だめダムが水害をつくる!?』
2005年10月、講談社+α新書


『「緑の時代」をつくる』
2005年5月、旬報社


『ダム撤去への道』
2004年5月、東京書籍


『日本の名河川を歩く』
2003年7月、講談社+α新書


『市民事業』
2003年4月、中公新書ラクレ


『ダムと日本』
2001年2月、岩波新書


当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.